WordPressの子テーマを作る理由

[子テーマ」を作る一番の理由はテーマを直接カスタマイズしてしまうと、テーマがバージョンアップされた時にカスタマイズした内容が上書きされてしまいます。
せっかくカスタマイズしたものが無くなってしまいます。
つまり、[子テーマ]を使うメリットは、[親テーマ]が自動的にバージョンアップさせてもカスタマイズした変更内容を保持できますので必ず[子テーマ]を作成しましょう。

親テーマが[sydney]の場合
子テーマフォルダ名は[sydney-child]とします。

下記の左がファイル名です、テキストエディタで右の記述をコピー&ペースト、[functions.php]、[style.css]、[footer.php]の3点を[sydney-child]フォルダー内に保存します。

「sydney-child」の中味

functions.php

functions.php
<?php
add_action( ‘wp_enqueue_scripts’, ‘theme_enqueue_styles’ );
function theme_enqueue_styles() {
wp_enqueue_style( ‘parent-style’, get_template_directory_uri() . ‘/style.css’ );
}

style.css

@charset “UTF-8”;/*
Theme Name: sydney-child
Template: sydney
*/

/*————————————————————–
Footer
————————————————————–*/
.footer-widgets {
padding: 20px 0px 0px 0px;
background-color: #dddddd;
}

.site-info {
text-align: center;
}

footer.php

<?php
/**
* The template for displaying the footer.
*
* Contains the closing of the #content div and all content after
*
* @package Sydney
*/
?>
</div>
</div>
</div><!– #content –>

<?php do_action(‘sydney_before_footer’); ?>

<?php if ( is_active_sidebar( ‘footer-1’ ) ) : ?>
<?php get_sidebar(‘footer’); ?>
<?php endif; ?>

<a class=”go-top”><i class=”fa fa-angle-up”></i></a>

<footer id=”colophon” class=”site-footer” role=”contentinfo”>
<div class=”site-info container”>

Copyright © ●●●●●●●●●●● All Rights Reserved.

</div><!– .site-info –>
</footer><!– #colophon –>

<?php do_action(‘sydney_after_footer’); ?>

</div><!– #page –>

<?php wp_footer(); ?>

</body>
</html>

「footer.php」下から8行目の「Copyright」●●●●●●●●●●●部分を書き換えます。
例:「10000円 格安ホームページ」と記入すると最下部フッターに
「Copyright © 10000円 格安ホームページ All Rights Reserved.」と表示されます。
上記3つのファイルを「sydney-child」フォルダーに保存し、サーバーの「wp-content」/「themes」の中にアップロードします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です