サブディレクトリのWordPressをドメイン直下に表示する方法

投稿日: コメントする

WordPressを簡単インストールする場合、ドメイン直下にインストールしても良いのですが、作業途中が外部から見られてしまいます。

私の場合、サブディレクトリ「wp」をつくり、その中にWordPressをインストールして完成してからドメイン直下に表示させます。
WordPressの作業が完成しましたら

1.  WordPressダッシュボードメニューでの設定

  wordpressダッシュボードメニューの[設定]→[一般]を選びます。

「サイトアドレス(URL)」のサブディレクトリ「wp/」を削除し、「変更を保存」します。

2.  WordPressをインストールしたサーバー側の設定

  サブディレクトリ(wp)の中にある、index.php をエディタで開きます。
  ※念のため、バックアップをとっておきましょう。

一番下の行を下記の様に変更し保存します。

「wpディレクトリ」の中の「index.php」と「htaccess」をドメイン直下に移動します。
これでルートディレクトリ(ドメイン直下)にサイトが表示されます。

WordPressでプラグインが表示されない場合

投稿日: コメントする

WordPressでプラグインをインストールする場合、管理画面の左メニューの「プラグイン」の「新規追加」を選択し、キーワード入力欄にインストールしたいプラグイン名を入力して「プラグインの検索」をクリックします。
該当するプラグインがリストアップされるので目的のプラグインを選び「いますぐインストール」をクリックします。
プラグインのインストールが完了したら「有効化」をクリックします。
管理画面左メニューの「設定」行って利用します。

たまに「プラグインの検索」をクリックしても目的のプラグインが表示されない場合があります。
Blog新着情報の「What’s New Generator」プラグインは表示されません。

What’s New Generator
上記からプラグインをダウンロードし、デスクトップ上に置きそのフォルダを「圧縮」し「新規プラグイン追加」で「プラグインのアップロード」を選択し、デスクトップ上の「whats-new-genarator.zip」をドラッグし、プラグインをインストールして「有効化」します。

管理画面の左メニューの「設定」/「What’s New 設定」で例として下記を設定します。
タイトル:「新着情報」
タイトルのタグ:「H4」
表示するコンテンツ:「投稿」
表示件数:「5個」
最新記事にNEW!マークをつけるにチェック

設定後「変更を保存」をクリックします。

表示したい場所にショートコード「showwhatsnew」を入力します。

WordPressの子テーマを作る理由

投稿日: コメントする

[子テーマ」を作る一番の理由はテーマを直接カスタマイズしてしまうと、テーマがバージョンアップされた時にカスタマイズした内容が上書きされてしまいます。
せっかくカスタマイズしたものが無くなってしまいます。
つまり、[子テーマ]を使うメリットは、[親テーマ]が自動的にバージョンアップさせてもカスタマイズした変更内容を保持できますので必ず[子テーマ]を作成しましょう。

親テーマが[sydney]の場合
子テーマフォルダ名は[sydney-child]とします。

下記の左がファイル名です、テキストエディタで右の記述をコピー&ペースト、[functions.php]、[style.css]、[footer.php]の3点を[sydney-child]フォルダー内に保存します。

「sydney-child」の中味

functions.php

functions.php
<?php
add_action( ‘wp_enqueue_scripts’, ‘theme_enqueue_styles’ );
function theme_enqueue_styles() {
wp_enqueue_style( ‘parent-style’, get_template_directory_uri() . ‘/style.css’ );
}

style.css

@charset “UTF-8”;/*
Theme Name: sydney-child
Template: sydney
*/

/*————————————————————–
Footer
————————————————————–*/
.footer-widgets {
padding: 20px 0px 0px 0px;
background-color: #dddddd;
}

.site-info {
text-align: center;
}

footer.php

<?php
/**
* The template for displaying the footer.
*
* Contains the closing of the #content div and all content after
*
* @package Sydney
*/
?>
</div>
</div>
</div><!– #content –>

<?php do_action(‘sydney_before_footer’); ?>

<?php if ( is_active_sidebar( ‘footer-1’ ) ) : ?>
<?php get_sidebar(‘footer’); ?>
<?php endif; ?>

<a class=”go-top”><i class=”fa fa-angle-up”></i></a>

<footer id=”colophon” class=”site-footer” role=”contentinfo”>
<div class=”site-info container”>

Copyright © ●●●●●●●●●●● All Rights Reserved.

</div><!– .site-info –>
</footer><!– #colophon –>

<?php do_action(‘sydney_after_footer’); ?>

</div><!– #page –>

<?php wp_footer(); ?>

</body>
</html>

「footer.php」下から8行目の「Copyright」●●●●●●●●●●●部分を書き換えます。
例:「10000円 格安ホームページ」と記入すると最下部フッターに
「Copyright © 10000円 格安ホームページ All Rights Reserved.」と表示されます。
上記3つのファイルを「sydney-child」フォルダーに保存し、サーバーの「wp-content」/「themes」の中にアップロードします。

気軽に始める「WordPress」

投稿日: コメントする

[WordPress]は、プログラミングの専門知識がなくてもWebサイトが作れます。
以前は[HTML]や[CSS]の知識の他に[JavaScript]や[PHP]等も知っておくと更に良かったのですが、[WordPress]を使えばこれらの知識が全く無くても作れます。
[WordPress]の管理画面は分かりやすいインターフェースで設計されていますので、記事の追加や編集、画像や動画の挿入などが直感的にできます。

他に無料プラグインという便利な拡張機能が豊富に用意されているので例えば、お問い合わせフォームを設置したい場合も、従来の[HTML]であれば[CGI]や[PHP]と言う知識も必要でしたが、[WordPress]の場合は専用のプラグインを使えば可能です。

また、[WordPress]は無料ですのでとりあえずやってみようと言う未経験者にも敷居が下がります。
無料ですが、インターネット上に公開するにはドメインの取得やレンタルサーバーなどが必要となりますのでこれらの費用は当然必要です。

サーバーへのアップロードも、ほとんどのレンタルサーバーが[WordPressの簡単インストール]が設定されています。

Net上にも[WordPress]は簡単だと言う情報はたくさんありますので分からないことも検索でいっぱい出てきます。

iPhone動画をYouTubeにアップロード

投稿日: コメントする
  • 動画をアップロードする前に[Googleアカウント]を作成し動画投稿するための[YouTubeチャンネル]が必要です。

  • Googleを開きアカウントを作成
    ①[名前(姓と名)]
    ②[ユーザー名](半角英数字とピリオド . のみ)
    ③[パスワード]を入力します。

  • iPhoneにYouTubeアプリをインストールします。
    iPhoneのホーム画面から「App Store」アプリをタップします。下部の「検索」タブから検索画面を表示して、「YouTube」で検索します。

  • 上記②の[ユーザー名]が[デフォルトアカウント]になります。

  • ステップ1:「YouTube」アプリを起動

  • ステップ2:「ビデオマーク」をタップ
    画面上に表示されている[ビデオカメラアイコン]をタップします。

  • ステップ3:アップロードする動画をタップ

  • ステップ4:「次へ」をタップ
    ※不要な部分をカットすることもできます。

  • ステップ5:「タイトル」「説明欄」などを設定し「アップロード」
    動画のタイトルと説明欄を入力するには、視聴者がどんなキーワードで検索するかを考えて設定します。

iPhoneでスクリーンショットを撮る

投稿日: コメントする

Amazonで使っていないメルアドに何度もこのメールが届きます。怪しいので放ったらかしにしていましたがあまりにも多いのでスクリーンショットを撮ってAmazonに報告しました。

スクリーンショットとは、iPhoneで表示中の画面を画像として保存する方法です。

「iPhoneでスクリーンショットを撮る」で検索すると「iPhoneでスクリーンショットを撮るには、本体上部側面にある「スリープ/スリープ解除ボタン」と「ホームボタン」を同時に押します。」と書いてあります。

ンン、上手く撮れません。

同時押しではなかなか上手く撮れませんが、「スリープ/スリープ解除ボタン」を押して直ぐに「ホームボタン」を押した方が上手くいきます。

WordPressで作成したサイトを簡単引越し

投稿日: コメントする

ロリポップの簡単引越しを使ってみました。
WordPressで作成したサイトを
今までプラグインを使って移転を試みましたが途中でエラーが起きたので
不安になり作り直したりしていましたがすごく簡単でした。
私の場合は同じロリポップ同士でしたが、
他社のサーバーなどで運用しているWordPressで作成したサイトも、
ロリポップに移転できます。

移転後、チェックしましたらヘッダー画像などのリンクが外れていましたが
一瞬の訂正でしたので問題ないです。

外部Blogの「新着情報」を表示したい場合

投稿日: コメントする
外部 Blogの「新着情報」を表示したい場合には 「RSS Antenna」プラグインが便利です。
 
  1. [RSS Antenna]プラグインをインストールし[有効化]します。
  2. [ダッシュボード]の[設定]→[RSS Antenna 設定]
    「RSSフィード」に例としてAmebaブログのURLを指定します、[http://ggdesign.blog48.fc2.com]と入力。
    表示件数:3を選択。
    記事の抜粋を表示する にチェック。
    サムネイル画像を表示するにチェック。
    サムネイル画像表示位置:左を選択。[変更を保存]をクリック
  3. 表示したい場所に下記のカッコ付き[ ]「ショートコード」を入力。「showrss」
    上記サンプルはAmebaブログのURLを指定したものです。

サイト内の Blogの「新着情報」

投稿日: コメントする

サイト内のBlogの新着情報は[What’s New Generator]プラグインが便利です。

  1. [ダッシュボード]の[プラグイン]→[新規追加]で[What’s New Generator]と検索しても該当プラグインが見つかりません。
  2. https://wordpress.org/plugins/whats-new-genarator/
    からプラグインをダウンロードし、デスクトップ上に置き、そのフォルダを[圧縮]→[新規プラグイン追加]→[プラグインのアップロード]→[whats-new-genarator.zip]をドラッグし、プラグインをインストールして[有効化]します。
  3. [ダッシュボード]の[設定]→[What’s New 設定]を下記のように設定。
    タイトル:[新着情報]
    タイトルのタグ:「H4」
    表示するコンテンツ:[投稿]
    表示件数:[5個]
    最新記事にNEW!マークをつけるにチェック
    [変更を保存]をクリック
  4. 表示したい場所に下記のカッコ付き[ ]「ショートコード」を入力。「showwhatsnew」

コロナ禍はいつ収まるのか?

投稿日: コメントする

コロナ禍はいつ収まるのか、最近、多くの専門家の意見では相当長引きそう。

こんな大変な時にホームページを作ろうなんて発想はないかも知れませんが、もし作りたい方がいらっしゃいましたらできるだけ応援したいです。

以前はCSSやHTMLで制作しておりましたが、お客様から“WordPress”で制作して欲しいとの要望が多くなり最近では“WordPress”が便利だと気づきました。

打ち合わせをメールでやり取りし、画像や文章をメール添付でお送りいただくことでより低価格を目指します。

もちろんSEO対策も充実しています。

安くてご心配の方、完成後ご不満の場合やGoogleやYahooなどで上位表示しない場合はキャンセルしてください、料金はいただきません。